■[Virtual Box] Virtual BOXでHDDの量を増やす


VMwareではディスクの領域追加は可能であるが、VirtualBoxにはその機能がない。

 

例えば、もともと20GBのディスクを40GBにしたいとする。

この場合、下記の手順が必要になる。

 

  1. VBoxManage.exeを探す(ProgramFilesのoracle以下)
  2. 新規仮想マシンを作成、ディスクはシンプロビジョニング推奨(一瞬
  3. 新規マシンから***.vdiというディスクファイルをコピー
  4. 稼働させるマシンのディレクトリにコピー(上書きしないこと)
  5. この時点で、新しい仮想マシンは削除して良い
  6. コマンドラインで「VBoxManage.exe clonehd 旧.vdi 新.vdi」を実行
  7. 100%になるまで待つ(またはコピー中のディスクサイズ差で推察)
  8. 仮想マシンのコンフィグでディスクを差し替える
  9. 仮想マシン起動
  10. パーティションの切り直し

 

上記手順です。少しめんどくさいですが・・・

また、パーティションの切り直しには更に一手間加わりますが、

そのへんはOSによるのとVBOXの範疇ではないので割愛します。

 

最近のOSかつ論理パーティションであれば、標準GUIで

ぽちぽちすれば行けるかもしれません。

 

>追記

仮想マシン設定のディスク差し替えのところで、空のディスクが作れるようです。

(下記のように新規仮想マシン作成のくだりが省略できそう)

 

  1. VBoxManage.exeを探す(ProgramFilesのoracle以下)
  2. 既存マシンの設定で、新規HDDを追加(シンプロビジョニング)
  3. コマンドラインで「VBoxManage.exe clonehd 旧.vdi 新.vdi」を実行
  4. 100%になるまで待つ(またはコピー中のディスクサイズ差で推察)
  5. 仮想マシンのコンフィグで旧ディスクを取り外す
  6. 仮想マシン起動
  7. パーティションの切り直し

 

試していないけれど、やってることとしては同じ。

 

>更に追記

やる前にsnapshot取っておくことを強く推奨。

出来れば、フォルダごとのバックアップも。

 

なんか追加した後一番最初のスナップショットに戻された挙げ句、

直近のスナップショットに戻ってしまい、データロストしてそう。

一応差分くさいファイルもあるので色々試す。やっべ・・・

 

>更に追記

snapshotsディスクにある一番でかいvdiが恐らく直前に動いていた物。

これは親ディスクトコディスクの構成になっていて、詳しくは

ホスト名.vbox-prevファイルにxml形式で記載されている。

 

これを起動ディスクに指定してブートしたら、最後に起動していた

状態が再現され、無事にデータを取得することが出来た。

 

本ディスクと差分ディスクの原理はよく分からないが、、、

本ディスクをクローンした場合、初めて取ったスナップショットが

クローンされたので、スナップショットがある場合はスナップショットを

vdiにクローンして、それをコンバートしないといけないようだ。

 

  1. 現在の状態をスナップショット
  2. GUIでスナップショットをクローンしてvdiを作成
  3. 上記のvdiをマウントして、正しく起動するか確認
  4. 新しいディスクを作成(大きい容量)
  5. 上書きクローン(コマンドライン)
  6. 旧ディスクをアンマウント
こんなところか。
とにかくひやひやしたもんだが、ちゃんと追っていけばなんとかなるもんだ。

コメントはまだありません。

コメントする