■[雑談] タブレット端末では(コラム)


タブレット端末で出来ないことをサーバ技術で覆そう。

 

一般にあいぱっどは中のストレージを使えない仕様になっています。

しかし、一般業務においてファイル編集は主たる操作かというと

そうでもなくデザイナーとかでもなければ、編集できればいい

というところのレベルです。

 

個人的にはそれを差し引いてもタブレットは有効活用できる!

といいたいところであります。

 

ウチなんかで試験運用しているWEBファイルマネージャはサーバ側に

ファイルシステムを持っていて、これに対して通常のWEBブラウザで

アクセス、編集、アップロード、ダウンロード、圧縮・解凍が出来ます。

 

つまり、httpから始まるアドレスにアクセスさえ出来れば、そこから

先はOSが何だろうがアップルの制約が何であろうがhttpの中の話なんです。

別にタブレット端末じゃなくてもいいわけで、外出先やネットカフェでも

ソフトウェアの導入無しにファイルシステムにアクセスできるわけです。

 

ある種、デスクトップ機能が充実する前のエクスプローラ中心で動いていた

Windows3.1に近いことは出来るわけです。

 

つまり、あいぱっどはhttpの窓口にさえなればいい。

そういったソリューションを考えています。

 

元がそんなに編集できない端末なので、逆にあいぱっど自身のキャッシュや

保持データが致命的にならないんですね。逆手に取る感じです。

 

私はアップル信者でもアンドロイド信者でもなく、次世代ワークツール

としてタブレット端末を駆使していますが、基本的にこれらの今後は

バックグラウンドのクラウドサービス、自社専用サーバシステムに

かかってくるといっても過言ではないでしょう。

 

かくいう私も、実はそれそのものの本来の機能はあまり使っていません。

裏で動いているWindowsやLinuxやMacへのリモート端末だったり、

前述の自前プライベートクラウドだったり、あくまで「端末」であって

これ自体をホストとしては使っていません。

 

というわけで、私はさほど「脱獄」にも興味がなかったりします。

だっておおっぴらに提案できないし、むしろバックグラウンドで解決

できないの?ってそういう方向に走ってしまうから。

 

ちなみにバックグラウンドに任せると、前述のようにあいぱっとや

アンドロイド以外にもいろんな端末で使うことが出来ます。

そういう副産物も大きいですね。

 

というわけで、あいぱっど、以外と何も出来ないことをぶっちゃけてみる。

アンドロイドは対抗心なのかおっぴろげすぎて逆コンパイルや

アンチウイルス製品が出回る始末。わたしはそういうのはPCに任せて

ぱっどはReadOnly端末としてつかうことになるとおもいます。

ReadOnlyでもサーバ側に書き込みさせるオペレーションを流すけどね!

 

よく分からない人は、今は手を出すのは辞めた方が良いと思います。

機械に弱い人でも使える端末にするように、我々エンジニアが

端末の周りから使いやすい環境を整えていきますよ!

コメントはまだありません。

コメントする