■[3Dプログラム勉強] まえがきと準備


以前から構想を練っていた3Dプログラムを、ちゃんと作っていくことにしてみました。

 

なお、もう割と3Dでプログラムが作られることなんて当たり前みたいなので、

今更2D人間がしょっぼいものを作るという前提です。

 

3年くらい前に一度やりかけた節があり、その時の素材を使います。

そのため、一部突拍子もなく作成時間がかかる素材が出ます。

 

と言うことを踏まえ、前書きとします。

 

<hr>

 

準備。

 

当時勉強用にこさえた3Dゲームクックブックという書籍をもとに行います。

当時はHSP3.1ベースでしたが、今はもっと新しいんじゃないかな。

別途、HSP3.0のリファレンスを持っているので、3.0ベースで開発します。

 

書籍

  • HSP3 プログラミング入門
  • HSP+EASY3D入門 3Dゲームクックブック

 

ソフトウェア

 

目標 (射撃訓練やモグラたたきのようなようなものを想定)

  • ワンフロアのマップを表示する
  • 人型3Dオブジェクトを歩かせる
  • 人型3Dオブジェクトを走らせる(入力で)
  • 人型3Dオブジェクトをジャンプさせる(入力で)
  • ターゲットを表示する
  • ターゲットとの命中判定を設ける
  • その他インタフェース

 

ここまでが実施できた段階で、本番プロジェクトとして再モデリングなど

プロジェクトを本番プロジェクトとしてフォークさせるものとします。

 

書籍に含まれているものもありますが、基本的に収録されているものは

HSP本家やEasy3Dのwikiですべて公開されています。

 

また、シェアウェアが含まれていますが、有料機能は使いません。

つまるところ、お金を使わずに基本的に根性で何とかします。

 

著者はHSP2.6xまでの経験こそ豊富ではありますが、3.xおよび

DirectX(スプライトとか・・・)などの知識がほとんどありません。

故に、自分の得意な言語があり、HSPに関する知識が補完できれば

大丈夫という人向けに執筆することとします。

 

過去のプログラムにおいてソースのスパゲッティ化とそれによる

不明なエラーに苦しんできたため、今回はあらかじめソースは

役割毎に分散し、モジュールや関数を駆使してコーディングを

詰めていきます。

 

とりあえず前置きは以上です。

 

本コラムは講座ではありません。

勉強および開発経過とTry&Errorの記録となります。

しかしながら、その目標制定や学習状況、問題の改善など

のプロジェクト運用は後進の参考となるのでは、との考え

のもとに記録を行う次第です。

 

ある程度揃ってきたら、gitなりsvnなりで成果物も

公開していく予定です。

 

以上、長ったらしい言い訳。

 

(続く

コメントはまだありません。

コメントする