■[OSS Tips] SVNであとからコミットログを変更する


SVNのコミット時に、コメントを登録し忘れた時にTortoiseSVNなどでログ

変更を行う「pre-revprop-change のフック機能が不完全」となり失敗する。

デフォルトの設定でコミットログ変更が出来ないようになっているためである。

 

これを可能にするための設定ファイルは次の通りである。

「/usr/local/svn」がリポジトリの場合、次のファイルになる。

「/usr/local/svn/repos/hooks/pre-revprop-change」

 

デフォルトでは存在しないので、同フォルダのテンプレートをコピーする。

「# cp pre-revprop-change.tmpl pre-revprop-change」

 

設定内容は次の通り。

 

REPOS="$1"

REV="$2"

USER="$3"

PROPNAME="$4"

ACTION="$5"

 

#if [ "$ACTION" = "M" -a "$PROPNAME" = "svn:log" ]; then exit 0; fi

if [ "$ACTION" = "M" -a \( "$PROPNAME" = "svn:log" -o "$PROPNAME" = "svn:author" \) ]; then exit 0; fi

echo "Changing revision properties other than svn:log is prohibited" >&2

exit 1

 

サービスの再起動などは特に必要ない。

コメントはまだありません。

コメントする