■[Other Tips] Thunderbirdの自動改行を調整する


Mozzila Thunderbirdメーラはメッセージ作成時に72文字で自動改行するという

設定が存在する。

 

通常は気にしないかもしれないが、長文のメッセージや整形文を送る場合に

1行の文字数が少なすぎる場合が発生するかもしれない。

 

これを変更するには、次の手順で設定を変更する。

 

1.[ツール] → [オプション] → [詳細] → [一般] → [設定エディタ]を開く

2.「mailnews.wraplength」を検索する

3.値を変更する(0にすると無制限になるが、これはこれでお勧めしない)

 

>補足

 3.で無制限化をお勧めしない理由として、メールサーバやウェブメールなどで

 1行単位のバイト数が別途決まっている場合がある。通常は気にするほどでもないし

 この設定のように送信時に自動改行が挿入されるため、以降問題とならない。

 

 ところが、この制限に引っかかってしまうと、2バイト文字の1バイト目で

 改行コードが自動挿入されてしまい、以降の文字が全て文字化けしてしまう

 といった不都合が発生してしまう可能性がある。

 

 たとえば、改行無しで1000文字程度のメールを送ってみると再現する

 可能性がある。

 

 以上により、可能な限り改行無効化は行わないで欲しいというメールサーバ

 運用管理者のぼやきを補足事項としておく。

コメントはまだありません。

コメントする