■[Linux Tips, OSS Tips] ファイル転送サービス「DECO」カスタムv0.1(1/2)


本項目は、徳島県自治体OSSキットのファイル転送システム「DECO」に

以下アドレスで運用中のNNIカスタマイズ版の概要となります。

 

■運用サイト(実際に利用することが出来ます)

https://secure.nanako-net.info/post

 

■DECO_Develop-NNI_Custom-v0.1

ダウンロード(配布はもう少しお待ち下さい。。。)

 

本稿で扱っているカスタマイズにつきましては、ソースコードレベルので

カスタマイズを行っていますので、オリジナルの「DECO」ではなく

NNIで独自にカスタマイズを行ったバージョンを使用します。

(カスタム版のお問い合わせ先はDECO公式ではなくNNIになります)

 

オフィシャル配布版からの変更点は下記の通りです。

・サブディレクトリを使用(http://localhost/prefix以下で動作)

・SSL通信の対応(Apacheと共通の固定サブドメイン証明書が利用可能)

・Apacheと連携を行い、リバースプロキシで連携が可能

・mongrel_clusterでApacheから独立したサービスとして動作

・デフォルトではFlashを使用しないように改修

・管理画面を使いやすい程度に改修

・ユーザコンテンツ表記を改修(受信者・被依頼者には表示しない)

 

以降追加する予定の機能です。

・ログイン済みの場合、送信者アドレスの入力を省略可能にする

・ただし、ML送信の余地を残すため、変更可能にはする

・LDAPサーバとの認証連携を行う(これがメイン課題)

・バックアップ・リストア機能の作成

・ハードコーディングされている項目を設定ファイルへ移行

・メールテンプレートのWEB-GUIからの内容変更

・SSL/NONSSLの自動対応

・インストールスクリプトの作成

 

以上の改修を今後行う予定です。

 

本プロジェクトは今後の需要を考えて進めておりますが、個人による

個人のためのプロジェクトとして進めております。進捗には限りが

ございますのでご了承下さい。

 

本ソースを利用した再カスタマイズも可能ですので、開発情報などを

ご所望のかたはご連絡頂ければと思います。

(diffで取れる程度の情報しかカスタマイズしていませんが・・・)

コメントはまだありません。

コメントする