■[Linux Tips, OSS Tips] BINDでアンダーバーを定義する


BINDのゾーン定義にアンダーバーを使用すると次のようなエラーが出る。

dns_rdata_fromtext: filename:22: near 'sub_domain.example.co.jp..': bad name (check-names)

 

どうやら、逆引きの時に出るらしい。正引きでサブドメインだけ名前解決

している時は出なかった。これを解決するためには、「/etc/named.conf」

のゾーンファイル定義でチェック無視を定義する。

 

zone "0.168.192.in-addr.arpa" {

check-names ignore;

type master;

file "int/db.192.168.0.0";

};

 

上記赤文字の箇所を追加する。

 

なお、そもそもチェックに引っかかっているわけだから、使うなと言うことか・・・

(RFC952の基準に違反するみたいです)

 

こういうのをあまりやってると、後々とんでもないアドレス(*)で泣く羽目になり、

文句言えない立場になるので、使う際には気をつけよう。

 

(*注:「-@domain.com」ハイフンだけのメールアドレスに出くわした例など)

>2012/3/8 訂正

ハイフンはいいらしい。問題はドットで始まるアドレスとからしい。

「..@domain.com」というかんじ。

 

携帯のアドレスには充分にRFC遵守されておらず、特に古い時代に定義された

アドレスにはこのようなものもあるようだ。通信会社側もこのようなアドレスとはいえ

消すに消せずにいるが、RFCを遵守しているメールサーバからは送受信できない

状態となっている場合もあるので注意が必要。

コメントはまだありません。

コメントする