■[Linux Tips, Other Tips] Active! Mail の管理画面制約


transware社のActive! Mail 6.xにおいて、サーバ~クライアント間の

時刻のズレが著しく大きい場合、認証は成功するがログイン画面に

リダイレクトされる。おそらくは、怪しいクライアントが管理画面に

ログインできないようにしているものと思われる。

 

また、この際にエラーは発生しない。出ていたとしても、

本件とは関係のない「Unknown CGI procedure error」といった

ような無視できるエラーの可能性がある。

 

仮想環境の場合、初期状態のハードウェアクロックがヘンなことが

往々にしてあるので、時間差は気をつけた方が良い。このような

思わぬエラーというか、アプリ側のセキュリティ機能に引っかかる。

コメントはまだありません。

コメントする